« 縄張り意識 | トップページ | 蓼科旅行(宿) »

2006年10月12日 (木)

蓼科旅行(1日目)

蓼科に1泊2日で行ってきた。

行きかたとしては、中央道か関越・上信越かの二通りあって、
ICを下りてからのことを考えると中央道がよかったんだけど、
渋滞予測は中央道のほうがひどかったので、関越・上信越を選択。
その結果が事故渋滞…。(-_-)

それでも、天気はてるてる坊主の効果絶大で、見事なほど晴れ。
これで私は雨男でないことが証明された!?(^^)
 

10時過ぎ、女神湖に到着。
当初の予定では10時に横谷渓谷の予定だったんだけど、
そのまま行くと11時近くになってしまい、そうなるとお昼ご飯の
時間が難しくなってしまうので、女神湖の遊歩道を歩くことにした。

Dscf0002_3  
「大きな水だね♪」
 

お約束ですね、、、これは湖って言うんだよ。
足が届かないところはダメなくせに。。。

天気はよかったものの、風が強くてとっても寒かった。
前日、半袖ですごしたのから一転上着を羽織らないと辛い寒さ。
水辺だからなおさら寒かった。

Dscf0006_2  
「どんどん歩こうよ。」
 
 
こんな感じで遊歩道が続く。
歩きやすいのでお散歩にはいい感じ。

Dscf0007_2  
「入っちゃダメなの?」
 
 
ダメに決まってるでしょ。
遊歩道は途中から道路沿いの落ち葉の道になって、
湖のほとりまで行けるところがここ。

Dscf0010_4  
湖に背を向けて何を見てる?
 
 
駐車場とちょうど真反対の辺りに湖を一望できる場所がある。
やはり、紅葉の季節にはまだ早いけど、紅く染まってる木もちょっと見える。

Dscf0011_5  
「葉っぱが紅いよ。」
 
 
上の写真で紅く写ってるところまで歩いてきた。
この辺りは遊歩道がコンクリートになってる。
一周約2kmで、ゆ~っくり歩いて40分程度だったかな。

実はここ女神湖で一悶着あった。
なつがスワンボート(白鳥の形をした足で漕ぐボート)に乗りたがった。
しかし、ママさんも私も寒くてとても湖の上には行く気になれない。
おまけにどっちかはナビを連れて待ってないといけない。
乗ったら風邪ひいちゃうと、無理矢理あきらめさせたので、
なつが完全にふてくされてしまった。(^^;
 

女神湖をあとにして、白樺湖へ移動。
ここにもスワンボートがあって、なつのふてくされおさまらず。(-_-)

Dscf0015_2  
「あっ、なつずるいよ、自分だけ。」
 
 
いやいや、なつは水には入らないから。。。

白樺湖は湖を目的に来たわけではなく、お昼ご飯を食べに
「モンテローザ」さんにやってきた。
ここはお店の正面の湖畔。
なぜ「モンテローザ」さんを選んだかと言うと、、、
ワンコOKのお店はほとんど「テラス席なら」という条件つきだけど、
「モンテローザ」さんはお店の中もワンコOK。
この日はテラスはさすがに厳しかったので、とてもありがたかった。(^^;

Dscf0020_3  
「早く、ください。」
 
 
ワンコ用ケーキもあるってことで、遅ればせながら誕生日ケーキと
目論んでたんだけど、なかったのでベルギーワッフルとクッキーのセットに。
果物や野菜を初めて食べるときは、とても慎重に食べるのに、
なんでお菓子は何の躊躇もなく一気に食べてしまうんだろう???
いつもながら疑問。
 

さて、お腹も満たしたところで、目的地である横谷渓谷まで移動。
車を乙女滝の近くの駐車場に止めて、いざ遊歩道へ。

Dscf0022_3  
 
水しぶきが心地よい。
 
 
 
この時点で風はやんでて寒さを感じることはなくなった。
マイナスイオン20000個/ccと看板に書かれてる。
多いってことをアピールするために書いてあるのはわかるんだけど、
どれくらい多いのかよくわかんない。(^^;
たぶん、かなり多いんだろうけど、その効果は?

Dscf0026_6  
上り坂。
 
 
渓谷・遊歩道というキーワードから、すっかり先日の養老渓谷をイメージしてた、、、
が、全然違って山を登っていく道。
ナビはガンガン引っ張ってくれるので、少しは運動になったかも。
ただ、ふてくされがまだ続いてたのか、なつのスピードが遅い。
途中で何度か追いつくのを待ったので、運動になったとは言えない…。(-_-)

Dscf0034_1  
「水、水♪」
 
 
はいはい、これぐらいならご自由にどうぞ。。。

Dscf0035_4  
 
王滝。
 
 
 
ここまでで、一時間ちょい。
この先もまだあったんだけど、そこまで行くとその後が時間的に厳しいくなるので、
ここで折り返すことに。

Dscf0036_2  
ちょっと待ってよ。。。
 
 
上りは遅かったなつが、下りになるとずんずん進んでいく。
なんでそんなに歩く早さが違うんだよって聞いたら「下りだから」って…。(-_-)
とにかくナビは元気。
少しは疲れるかと思いきや、全然そんな様子もなくガンガン行く。
若いっていいなぁ。。。(^^;

上りが1時間ちょっと、下りが1時間弱で、計2時間程度の散歩。
ん~、気付けば途中の滝の写真がないぞ。(^^;
ちょっと不安定なつり橋?もあって、ナビがそこでへっぴり腰で
立ち往生してしまうシーンも。
川の流れの音を聞きながら歩く、気持ちのいいコースだった。

つづく
 

|

« 縄張り意識 | トップページ | 蓼科旅行(宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177028/12255482

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科旅行(1日目):

« 縄張り意識 | トップページ | 蓼科旅行(宿) »