« 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(0.5日目) | トップページ | 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(2日目) »

2009年2月24日 (火)

2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(1日目)

朝目が覚めると、雨のバラバラという音がまだ聞こえてくる。
本当に往生際の悪い私は「きっとまだ夜中なんだ」と考えながら時計を見る。

5時。。。

朝の天気予報では、午前中に雨はあがるという。
せっかく金曜日から来ているのに、何にもせずに宿で過ごすなんてことは
できないので、予定通りスノーシューに行くことに。
 

今回の目的地はイエローフォール。
滝が黄色っぽい色で凍っているところです。
まずはコンビニでお昼ご飯用のおにぎりを買い、裏磐梯スキー場へ。
スキー場に着いたころ、雨がやっとあがりました。

リフト2本を乗り継いで、スタート地点まで行きます。
ナビは私が抱えて乗ったのですが、最初のリフトでは少し動かれたので
ちょっと怖かったです。coldsweats02

スキー場に犬がいるのはやはり珍しいようで、少し注目されました。coldsweats01
2本目のリフトを待ってる時には、中学生らしき女の子から
「何?この犬も滑る系?」と言われました。
いやいや、いくらなんでも犬は滑りませんって。gawk
 

スタートしてすぐに、イエローフォールから戻ってきた団体さんに会いました。
「イエローフォールに行くのか?」と聞かれたので、「そうだ」と答えると
「イエローフォール、とけててないよ。その辺で遊んでるほうがいいよ。」と
いきなり出鼻をくじかれてしまいました。weep

少し歩いたところで、斜面のある場所がありました。
ママさんが歩きたいのに対して、なつは滑りたい人。
イエローフォールへ行くべきかやめるべきか決めかねていたので、
とりあえずその場で遊ぶことにしました。

Dscf2120_edited1

 
かと言って、このままここで遊んでお終いというわけにもいかないので、
とりあえず先に進むことに。

ちょっと行ったところで、少し広い場所に出ました。

Dscf2123_edited1

時折風が強くなり、視界が悪くなります。
この時の気温、たぶん数度程度だったと思われます。
東京に帰ってから知ったのですが、この日はものすごい気温で
東京でも25度近くあり、半袖でも大丈夫だったとか。
同じ日本でも私たちは別世界にいたのですね。
 

Dscf2125

ナビお決まりのホリホリ。
 

Dscf2129_edited1

なつお決まりの雪玉作り。
ナビはなぜだか吠えてます。
 

Dscf2132_edited1

そして、破壊攻撃。
ホントにキミたちの行動はワンパターンだねぇ。think
 

Dscf2133_edited1

後ろに写っているのは銅沼です。
例年のこの時期なら沼の表面なんて見えなくて、余裕で歩けるはずですが、
歩けば一発で氷が割れてしまうのがわかるくらいの状態。
今年は本当に暖冬だということがわかります。
 

Dscf2136_edited1_2

さて、銅沼を後にして、先に進みます。
なつはさっきの場所に戻って滑りたかったようですが、
とりあえず、行ける所まで行こうという気になった私なのでした。
 

Dscf2134_edited1

風がやむと、それなりに視界が広がります。
だけど、磐梯山が見える状態にはさすがになりませんでした。
 

12時半、お腹が空いたのでおにぎりを食べることに。
しかし、ちょうどそのタイミングを狙ったかのごとく風が強くなり、
寒い中食べることになりました。bearing
ホントはコーヒーとかあったら理想的だったんですが。
 

お腹を満たして、再出発。
でも、そこからは目的地までもうすぐでした。

Dscf2137_edited1_2

イエローフォールです。
イエローっていうほどキレイではないですね。。。
なんだか、ナビのトライの色っぽい気がするのは私だけでしょうか?coldsweats01
 

Dscf2139_edited1

コースに関しては道しるべとかまったくないのですが、私たちを追い抜いて
行く人や、イエローフォールから戻ってくる人を見てだいたいの方角がわかり、
あとは雪の上の足跡を目安に歩いて行けばよかったので、方向音痴の私でも
迷うことなくたどり着くことができました。

見事なイエローフォールを見ることはできませんでしたが、私的にはここまで
ちゃんと歩いてこれたことで十分満足でした。

帰りは別のコースを歩きたかったのですが、これまたタイミング悪く
一番視界が悪い状態になってしまい、さすがに道に迷う心配があったので、
残念ながらもと来た道を帰ることにしました。
きれいなイエローフォール、磐梯山の眺め、帰りの別コースはまた来年の
お楽しみということにします。

Dscf2142_edited1

さあ、帰ろうと声をかけて振り向くと、、、滑ってますよ。。。gawk
 

Dscf2143_edited2

周りに木があろうがおかまいなしに滑るので、見ているほうが怖いです。wobbly
 

Dscf2144_edited1

どこへ行ってもナビはそうやって拘束されるんですね。
だから、いつまでたってもナビはなつに寄り付かないんですよ。
 

Dscf2147_edited1

銅沼まで戻ってきました。
なつが座っているのは、行きの途中で作った雪玉です。
皮肉なもので、この時点でまた視界がよくなってきました。
 

Dscf2150_edited2

また雪投げで遊んでます。
これはこれで、氷の上に行かないかちょっとヒヤヒヤ。
 

Dscf2156_edited1_2

2つの雪玉の上に乗ったなつを橋にみたて、ナビをくぐらせてます。
 

Dscf2158_edited1

この写真だとちょっとわかりにくいですが、岩が錆びたみたいになってます。
水の色が茶褐色なので、こうなってるようです。
 

Imgp7895_edited1

スタート地点まで戻ってきたら、最初はまったく見えなかった桧原湖が見えました。
やっぱり晴れてるほうが景色に関しては気持ちがいいので、来年は絶対に
晴れてほしいなぁ。
でも、それはそれで雪焼けで困るんですけどね。coldsweats01

下りはリフトに乗らず、ゲレンデの横を歩いて下りたのですが、
あまり楽しいコースではありませんでした。
でも、リフトに乗ると3人で2100円かかるので、まぁ文句は言えません。
それでも下り着いた場所が駐車場から離れた場所で、
駐車場までまた登らなければならなかったのがきつかったです。
 

車に戻ったのが16時前。
ティータイムにちょうどいいかなと「ヒロのお菓子屋さん」に向かったのですが、
あいにくClosed。
これもまた来年の楽しみになってしまいました。

宿に戻ってお風呂に入り、晩御飯でお腹いっぱいになり、
消灯時間22時という超健康的な生活。
お天気は悪かったけど、それなりに満足できた1日でした。

(つづく)

|

« 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(0.5日目) | トップページ | 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177028/44147451

この記事へのトラックバック一覧です: 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(1日目):

« 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(0.5日目) | トップページ | 2月のスノーシューは鬼門 in 裏磐梯(2日目) »